今日も頑張っています

by tribalistas

裂き編み

今日は、よく耳にする裂き織り、ならぬ、裂き編みをしています。

パッチワークの時、ほんのちょっとだけ欲しい布が、50センチくらいの端切れで安く売られていると、ついつい買いこんでしまったものがいっぱい~
もう、使わない色、柄~、どうしよう~と思っていた端切れを使って鍋敷き、鍋つかみを編んで使っています。
d0171583_11382569.jpg

う~ん、見た目、あまりよくない、センス悪いですね。
でも、地厚にできているので、鍋物の時などによく登場しています。
汚れても、さっと洗えますし。

エッジ付きのスケールを利用、8ミリ~10ミリ幅にカットします。
ロータリーカッターが大好きなので、ストレス解消になりそうな勢いでカットしますが、上下は切らずに1センチくらい残して、編み布を作ります。
(布目は縦方向に、なるべく布目に沿ってカットすると、あとでほつれが少なくて済みます、上下切り落としてしまっても、結ばずに縫いつまめば、かさ張らず大丈夫です)
d0171583_11384525.jpg

かぎ針でも、棒針でも好きなものが編めます。
d0171583_1138582.jpg

とっても実用的なものに変身しています。
素敵な色を使って試してみて下さい。

10年以上前になるかな?
ハマナカさんのオリヴィエの講習会に参加して、課題のものを全部織って提出しましたが、なぜかこの作業をする度に背中が痛くなり、その後、この織り機も押し入れに…
裂き織りに使えると思うのですが、編む方がずっと手軽です。
道具の持ち腐れ?状態ですよね、困ったものです。

[PR]
by tribalistas | 2011-04-16 12:05 | 手芸いろいろ